’16-pre1
岩井秀人
「自分の物語ワークショップ」

こんにちは、ハイバイの岩井です。 基本的に僕はいつも、自分の身に起きたことを元に台本を書いて演劇にしています。 なので今回のワークショップでも、参加者の身に起きたことを、参加者達が演劇にする、というものになります。 誰でも演劇って作れると思うので、そのやり方で、みんなと遊べればと思います。 演劇未経験の人も経験者も、ご参加くださいませ。

 

|ワークショップ

【講師】岩井秀人

【会場】せんだい演劇工房10-BOX box-1

【日時】2016年3月27日(日)14:00~18:00

【対象】18 歳以上 ( 高校生不可 )、演劇に興味がある方
      ※18歳未満の方は保護者の方の同意が必要

【参加費】2,000 円
      ※参加費は当日受付にてお支払いください

【定員】16名(先着順)
      ※予定人数に達し次第締め切りといたします。

 

岩井秀人/いわい・ひでと
1974年東京都小金井市出身。15歳から20歳くらいまでを、今で言う「引きこもり」として過ごす。2001年桐朋学園大学演劇科卒業後、2002年11月、竹中直人の会「月光のつつしみ」に代役として関わり初めて喋り言葉の演劇を知り翌年2003年2月にハイバイを旗揚げ。以降、ハイバイの全ての作品の作と演出をし、時々出演もする。2007年より青年団演出部に所属。2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞。2013年「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。

>>>「ハイバイ」ホームページ