’16-11
タニノクロウ
「庭劇団ペニノのワークショップ」

 

【講師】タニノクロウ(庭劇団ペニノ)

【日時】2016年11月27日(日)13:00~17:00

【会場】せんだい演劇工房10-BOX box-3

【対象】演劇に興味があり、これまでに2回以上台詞のある舞台を経験したことのある18歳以上の方

【参加費】2,500円

【定員】20名(先着順)
      ※予定人数に達し次第締め切りといたします

タニノクロウ /たにの・くろう
1976年富山県出身。庭劇団ペニノの主宰、座付き劇作・演出家。セゾン文化財団シニアフェロー(2015年まで)。2000年医学部在学中に庭劇団ペニノを旗揚げ。以降全作品の脚本・演出を手掛ける。ヨーロッパを中心に、国内外の主要な演劇祭に多数招聘。劇団公演以外では、2011年1月には東京芸術劇場主催公演で「チェーホフ?!」の作・演出を担当。狂気と紙一重な美しい精神世界を表現し、好評を得る。2015年3月ドイツにて新作「水の檻」を発表。2016年「地獄谷温泉 無明ノ宿」にて第60回岸田國士戯曲賞受賞。2016年北日本新聞芸術選奨受賞。

>>>「庭劇団ペニノ」ホームページ

会場までの道案内を開始する(スマホ専用)