’18-09
樋口ミユ
「俳優って忙しいです!」

仙台のみなさまへ。大阪や東京でお芝居をしている樋口ミユと言います。どうぞよろしくお願いします。二日間で、短いお芝居を創って発表したいと思っております。テキストはラジオドラマで書いたものですが、それを役者さんの体を使って演劇にしましょう。短いワンシーンを丁寧に創ることができたら、きっと1時間や2時間のお芝居も丁寧に創れるようになるはずです。俳優のお仕事は繊細で大胆で、稽古をする度に「ああ、俳優さんって本当に大変ですごいことをするのだなぁ」と感服するのであります。大変だけれど、一緒に創りましょう。

樋口ミユ

 

【講 師】樋口ミユ(Plant M)

【日 時】①2018年9月28日(金) 17:30~21:00
     ②2018年3月30日(日) 13:00~21:00

【会 場】せんだい演劇工房10-BOX box-

【対 象】①舞台芸術分野に関心のある方(年齢・経験不問)
     ②今後も俳優として生きていく意思のある方

【参加費】①のみ:一般 2,500円 高校生以下 1,000円
     ②のみ:一般 4,000円 高校生以下 2,000円
     ①②のみ:一般 5,000円 高校生以下 2,500円

【定 員】各回20名
        ※予定人数に達し次第締め切りといたします

 

 

樋口ミユ/ひぐちみゆ
1975年生まれ、京都府出身。劇作家・演出家。劇団Ugly duckling旗揚げ以降、解散までの劇団公演32作品の戯曲を執筆する。劇団解散後は、座・高円寺の劇場創造アカデミー演出コースに編入し、佐藤信氏に師事。2012年にplant Mを立ち上げる。大阪、東京とフットワーク軽く飛び回り各地で公演をしている。毎年3月春分の日には、東日本大震災のチャリティリーディングを行っている。受賞歴 第7回、第8回OMS戯曲賞大賞を2年連続受賞。第38回放送文化基金賞受賞ラジオドラマ部門、大阪市文化祭奨励賞受賞。

会場までの道案内を開始する(スマホ専用)